店主より

萬福新春

ウニ・ほや・マンボウ・カツオ……初夏の味? (^-^)

お知らせ
歓送迎会

 ただいま梅雨入り中!夜のお楽しみの早苗振りの時期です。
今年も豊作を祈願して、当店では「早苗振り」大歓迎!お一人様お料理2,100円から各種ご宴会・ご会合等を承っております。
※ご同僚やご家族でお気軽に、友人達やグループでも、お気軽にご予約・ご利用くださいませ!テーブル席で最大36名様までご着席が好評です。

お知らせ

 コリコリが堪らない一品・・・エゾアワビ

2017.2.12 

 個人的に三陸海産物の一番の好物は、ウニでもフカヒレでもなく、鮑を挙げたい。ほのかな塩味のあのコリコリした独特の食感が、堪えられなかった。

 子供の頃は比較的海よりだったので、年に何度か生のアワビをいただくことがあったせいかもしれない。(ウニは一升瓶に入った塩ウニをいただくのだが、日持ちがするように塩分がきついのでごはんに少量掛けた記憶しかない)

 大人になってから知ったのだが、干したアワビは干鮑といい中華料理の高級食材として江戸時代頃から中国に輸出されていた。なかでも大船渡市三陸町吉浜の吉浜鮑(きっぴんあわび)は、香港や中国で最上位の評価を得ているという。

 岩手の鮑は震災前のように県別生産量全国一位(平成25、26年度)に戻っている。あまちゃんの先輩の種市地区を中心にリアス式海岸の自然の利に加え、あわびの種苗放流、漁期(11月~翌年2月の4ヶ月間)を限定した、資源の増加の努力が実を結んでいる。

 子供らがアワビを食べる傍らで、親父は鮑の肝(としる)を肴に晩酌をしていた。
大人になって食べてみようと思うのだが、大人でも好き嫌いが分かれるという話しに躊躇して未だに食べていない。

※そういえば「ほや」も震災前までは、けっこう韓国に輸出されていたという。日本の養殖漁業はすごい。。
 
おすすめコース料理

おまかせコース竹 (5品) 2,100円

おまかせコース梅 (7品) 3,200円

ご報告
「吉川忠英 2015 in 一関」の売り上げの一部は岩手県で行っている、東日本大震災津波により親を失った子どもたちがが社会に出るまでに必要な「くらし」と「まなび」に要する資金の援助等に充てる「いわての学び希望基金」に募金させていただきます。2015.6.11